バストサイズをあげられないのは親からの遺伝

バストアップに効果があるというツボを刺激する

MENU

バストサイズをあげられないのは親からの遺伝

最近では、バストサイズをあげられないのは、親からの遺伝というよりも生活の様子が似ていることが原因というのが主流となってきています。食生活の乱れや運動不足、夜更かしなどが、本来ならもっと大きく育つはずの胸の成長を邪魔しているかもしれません。親子、姉妹間のバストサイズの違いは、多々あることですから、生活習慣を見直していきましょう。バストアップしようと思ったらお風呂に入ることをおすすめします。湯船につかれば血行が良くなり、胸までも栄養が届きやすくなるというわけです。さらにこの状態でバストアップマッサージをすることでいつも以上に効果を感じることができます。忙しくてそんな時間ない!という時は、シャワーを使うことでバスト周辺のマッサージしてみるだけでも効果を得ることができるはずです。バストのボリュームアップには腕を回すのがいいのではないでしょうか。エクササイズでバストアップをするのはみなさんも面倒になるとなかなか続けられないと思いますが、腕回しだけなのでテレビを見ながらなど気軽に可能だと思います。肩のコリもほぐれる腕回しは血のめぐりにも効果がありますし、副産物として筋トレ効果もあります。当然ながら、バストアップ効果も期待できます。大きな胸にあこがれている人は、まず自分の姿勢を見直していくということをいつも頭に入れていおてください。小さい胸にみられてしまう姿勢の中にはよく知られている「猫背」があります。これは、成長に必要な血行を抑えてしまうので、まだ胸が育つ可能性を閉ざしているのです。美しい姿勢を続けるためにはそれに必要な部分の筋肉が必要となりますが、今の自分にその筋力がついてないと、バストアップを目指しても胸を支えられないでしょう。姿勢はなかなか直せないものですが、いつも姿勢を気にして、正しい姿勢を心がけてください。食べ物の中でバストアップが望めるものと言ったら、知名度の高い大豆製品や鶏肉、キャベツなどがパッと思い浮かびますが、効果のある食材の摂取をしても、胸の成長が約束されたわけではないのです。栄養素が偏りすぎてしまったら、せっかく大きくしようとしていたのに効果が表れにくくなってしまうので、そればかり摂ればいいなんて思わず、平均的に取ることが大切です。そして摂取した栄養がバストまで行き届くように血の巡りを良くするようにしましょう。バストのカップ数を上げたい場合、エステのバストアップコースもあります。エステで胸へのケアを行うと美しいバストを手に入れられるでしょう。継続してケアを行うことで、形などが整うだけでなく、胸自体も大きくなることもあります。しかし、お金が入り用となりますし、整形とも異なりますので、努力と保つための意識が必要で、胸が元に戻ってしまうでしょう。バストアップに効果があるというツボを、刺激してみるのもひとつの手です。だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボが女性の胸を豊かにするのに効果的であるとして有名なものです。このようなツボを刺激すると、血行が良くなったり、女性ホルモンの分泌される量が増加したり、乳腺に対して良い効果があると考えられていますが、効くのにある程度時間がかかります。もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性もたくさんいるかもしれません。意外と知られていないことですが、バストサイズは遺伝以上に生活環境による影響が大きいという説もあります。思い切ってプチ整形なんてする前に、普段の生活を見直してみるべきかもしれません。あなたがなにげなく行っている生活習慣のせいで、小さな胸のままなのかもしれません。胸が小さいことで嘆いているなら、筋肉を鍛えることも有効な手段です。筋肉を鍛えれば下からバストが支えられて、バストアップしやすい体になるでしょう。そうはいっても筋肉をつけるだけではバストアップへの効果が見えにくいので、並行して違う方法を行うことも考えなければなりません。睡眠不足を避けることや、マッサージをしてみるのも良いでしょう。バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。ご存知のように豆乳が含んでいる大豆イソフラボンという成分は、まるで女性ホルモンのような働きをするらしいです。不味くて飲みにくかった以前と異なり、青臭くない豆乳も多く研究開発されていますから、どんどん豆乳を飲むのもよいのではないでしょうか。しかし、がぶがぶとあまり飲みすぎるのはいけません。